ブログ|横浜もみじ動物病院|都筑区仲町台|犬猫|鍼灸・漢方・ペットホテル

045-532-9779

045-532-9779

横浜もみじ動物病院ネット予約
〒224-0041

神奈川県横浜市都筑区仲町台5丁目2−25
ハスミドミトリー001

診療時間
9:00~12:00
15:00~19:00

完全予約診療  ・水曜休診
・初診の方は18時、再診の方は18時30分が最終受付となります
(急患の場合はご相談ください)

診療時間外は夜間病院へご相談ください

ブログ
ブログ
ブログ

《消化器》異物誤食(内視鏡・胃カメラ、腸閉塞・腸切開など)④

2022年2月3日

この子は、運悪く腸閉塞を起こしてしまった子です。

異物誤食の癖がある子で、飼い主さんも頑張って気をつけられていたのですが、マットか何かをこっそりと少しずつかじっており、自分の毛と混じって硬い毛玉を作って運悪くそれが十二指腸に詰まってしまいました。

誤食を気をつけられていたため、当初はまさか食べていないだろうと思われましたが、臨床症状や超音波検査やバリウム検査にて閉塞が疑われたため、手術を実施しました。

↓バリウム検査をしています。時間が経ってもこれ以降バリウムが流れていかないことから閉塞が疑われました。

以下、手術の画像がありますので、苦手な方は見ないでください。

↓バリウム検査の結果通り、赤丸の部分、十二指腸で閉塞を起こしていました。(炎症で赤くなっています。触ると異物が触診されました)

↓腸を切開して異物を摘出し、切開部を縫合しました

↓取り出した異物・毛玉と繊維の塊でした

詰まっている時は、お腹は痛くて、気持ち悪くて何度も吐いて、しんどかったでしょうが手術や入院治療に頑張って耐えてくれて、元気になって退院していってくれました。

腸閉塞は命に関わってくるとても怖いトラブルです。詰まったら調子がすごく悪くなりますから、お家でオカシイというのはわかりやすいと思います。しかし、やはり大切なのは調子が悪くなってからではなく、調子が悪くなる前に対応すること、そして何より異物を食べないよう予防することとなります

※初診の方のお電話での詳しい相談はご遠慮願います。まずはかかりつけ医とご相談ください。それでもお困りでしたら診察を受けて頂き、直接お話をさせてください。